加藤清正の歴史

加藤清正公・忠広公について加藤清正公・忠広公の年譜
加藤家家系図加藤清正のあれこれ


加藤清正公・忠広公について



加藤清正公【永禄五年(1562)〜慶長十六年(1611)】

永禄5年(1562)に尾張国愛智郷中村に加藤清忠・伊都の子として生まれる。
肥後の国の領主であった佐々成政に代わり、天正16年(1588)、数え年27歳にして肥後北半国の大名となり、肥後入国。隈本城を居城地に選び、熊本城築城完成時の慶長12年(1607)に「隈本」を「熊本」に改名した。肥後入国後、富国安民の国づくり政策を推し進め、水源涵養林・防風林などの植栽、干拓地造成、開墾、交通の便のための街道・堤防の整備、河川改修など土木・治水に力を注ぐ。焼物等幾多の国の発展の礎となる産業や学問の奨励、文化開拓等も行った。慶長6年(1601)から築城を開始し、現熊本城が完成。
慶長16年(1611)6月24日、自分自身の誕生日に数え年50才にて死去。


加藤忠広公【慶長五年(1600)〜承応二年(1654)】

慶長5年(1600)加藤清正・正應院の子として江戸に生まれる。
慶長16年父清正没後、家督を継ぎ、二代目熊本城城主となる。しかし寛永9年(1632)肥後一国を没収され、出羽庄内の酒井忠勝に預けられ、一万石となるが、配流先で死去。
忠広の子、光正も飛騨高山にて早世し、加藤家断絶。

ページの先頭へ戻る